セブンカードプラス

セブンカードプラス、nanacoポイントはどんだけ貯まる?評判はいいの?審査は甘いの?メリットは?!

貯まったnanacoポイント

私がセブンカードプラスを選んで1番メリットを感じたのは・・・
セブン&アイグループでの買い物と、クレジットチャージで税金の支払いでもnanacoポイントが貯まることです!
セブンカードプラスを使いまくってゴールドカードを所有するまでになったわたしがセブンカードプラスの得する使い方やメリット・デメリットを紹介しています。
セブンカードプラスをご検討中の方はぜひ参考にしてください!

 

セブン-イレブンでの買い物でnanacoポイント1.5%還元はデカい!

私のセブン-イレブンの利用頻度は毎朝出勤時に立ち寄ってコーヒーとパンやおにぎりなどを購入します。
夜は毎日ではないけどビールとつまみなどを購入していて月の利用額はおよそ1万円ほど。

 

よく利用するスーパーのヨークベニマルではポイント還元は1%なんですが、クレジットチャージしたnanacoポイントで支払っているので、チャージした額の0.5%が付与されて1.5%還元されることになります。買い物の金額は月に3万円くらいなので、
両方の買い物で1ヶ月間で貯まるnanacoポイントはおよそ600円分ほどになります。

 

税金の支払いでnanacoポイントが0.5%分貯まるのも大きなメリット!

我が家は個人事業のため税金の支払いでポイントが貯まるなんて超助かります!
サラリーマンの方は主な税金は給料天引きなので馴染みがないでしょうが、わたしは健康保険税・市県民税・国民年金をnanacoポイントで支払っていて、年間で数千円分のnanacoポイントが貯まっている計算になります。(詳しくは秘密w)

 

サラリーマン家庭だとnanacoポイントで支払える税金は限られてしまいますが、住宅と土地やマンションを所有していれば固定資産税を、車を所有していれば自動車税をクレジットチャージしてnanacoで支払えばnanacoポイントを貯めることはできます。

 

ポイントの付与は1回の利用金額で考えると塵のように感じるかもしれませんが、年間でまとまるとバカに出来ない金額になります。
わたしの場合は年間で約1万円ほどnanacoポイントが還元されています。

 

1年後に1万円分のお小遣いがあるのと何も無いのではどちらが嬉しいでしょう?
もしあなたがよく利用するお店がセブン&アイグループのお店ならセブンカードプラスを使ったほうがnanacoポイントがたくさん貯まって得するはずですよ!

 

セブンカードプラス

セブンカードプラスのWEB申し込み方法 審査通過のコツも紹介
セブンカードプラスのお得な特典が適用されるオンライン入会方法を完全解説。必要書類から審査通過を目指すコツも紹介しています。

 

WEB申し込みキャンペーンで最大3500円分のポイント獲得!

セブンカードプラスは郵送でも入会申し込みができますが、
WEBから申し込むと最大3,500円分のnanacoポイントがもらえる
【オンライン新規入会限定キャンペーン】が適用されるのでオンライン申込みが断然お得です!


オンライン新規入会限定キャンペーン内容

申し込み条件によって以下のnanacoポイントがもらえます。

  1. WEBからの入会申し込みで1300nanacoポイント
  2. オートチャージ利用で500nanacoポイント
  3. JCBブランドの申し込みで500nanacoポイント
  4. 支払口座をセブン銀行にすると500nanacoポイント
  5. 入会時に【支払い名人】登録で500nanacoポイント
  6. クレジットショッピング3回利用で200nanacoポイント

【支払い名人】は1回払いが自動的にリボ払いになる支払い方法です。【支払い名人】の解除はいつでもできますが、審査が厳しくなる可能性もありますし、リボ払いは金利が発生しますので、できれば登録しないほうがよろしいかと思います。

以下のページから新規オンライン申し込みをするとnanacoポイントがもらえるお得なキャンペーンが適用されます。
セブンカードプラスのオンライン申込み窓口はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

セブンカードプラスはどんなメリットがあるの?

セブンカード・プラスはコンビニ大手のセブンイレブンや、イトーヨーカドー、デニーズ、ヨークマートなどセブン&アイグループ店舗をよく利用する方に非常にメリットが大きいクレジットカードです。
※上記の4店舗では1.5%もnanacoポイントが還元されます

 

上記の4店舗はあまり利用しない場合でも、nanacoで買い物をすることが多い方はメリットを感じるでしょう。
また税金などの支払いでnanacoポイントを貯める方法もありますので是非参考にしてください!

 

下記の条件に一つでも当てはまる方はセブンカードプラスを持っていると得をします!

  • よく行くコンビニはセブンイレブンが多い
  • 食材などを日常的に買い物をするのはヨークマートが多い
  • 食料品や衣料品の買い物はイトーヨーカドーを主に利用している
  • 買い物でnanacoにチャージして支払うことが多い
  • 自動車税や固定資産税など、nanacoで税金を支払っている

 

毎日の買い物で得する!

セブンイレブンやヨークマートを日常的に利用している方は、セブンカードプラスで支払いするだけでいつものお買い物で1.5%分のnanacoポイントが自然と貯まることになります。

 

例えば・・・

  1. セブンイレブンで1ヶ月に20日間500円の買い物すると約150円分のnanacoポイントが貯まります。
  2. ヨークマートで食材など1ヶ月で3万円くらい買い物すると約450円分のnanacoポイントが貯まります。

 

イトーヨーカドーで得をする!

イトーヨーカドーでは通常の買い物でも1.5%のnanacoポイントが還元されてお得なのですが、毎月8のつく日(8、18、28)のハッピーデーにセブンカード・プラスを使うとほとんどの商品が5%割引(全ての商品ではありません)になるため、非常にお得に買い物ができます。

 

ナナコにクレジットチャージで得をする!

セブンカードプラスでnanacoカードにクレジットチャージすると0.5%分のポイントが付与されます。
nanacoに現金チャージしてもポイントは付与されませんのでセブンカードプラスでクレジットチャージした方が断然お得です。

 

税金の支払いでもnanacoポイントが稼げる!

コンビニ払いができる納付書があれば、税金もセブンイレブンでnanacoで支払うことが可能です。
その際税額分をセブンカードプラスからクレジットチャージすれば0.5%分のポイントが付与されます。
例えば普通車2台分の自動車税が約7万円なら350円分のnanacoポイントが、自宅の固定資産税が10万円なら500円分のnanacoポイントが貯まることになります。

 

自営業の方は所得税、国民健康保険税、国民年金保険料もnanacoにクレジットチャージして払うとすると年間で数千円分のnanacoポイントを獲得できて、結構な金額を得することができますね。

 

また、あまりおすすめの使い方ではありませんが、クレジット支払い額を【あとから分割】や【あとからリボ】にすると、税金の分割払いも可能となります。
手数料(金利)は掛かってしまいますが、税金の支払いを先延ばしにしたり、まとまった出費を調整する苦肉の手段として使えます。

 

セブンカードプラス利用時のnanacoポイントの貯まり方

店 舗 nanacoポイント

セブンイレブン
イトーヨーカドー
ヨークマート
デニーズ
BARNEYS NEWYORK
Yatsugatake Kogen Lodge

 

200円(税込)ごとに3nanacoポイント

イトーヨーカドー ネットスーパー
ダブルでお得になって1.5%分還元!

nanaco番号登録で100円(税込)ごとに1nanacoポイント
クレジット払いで200円(税込)ごとに1nanacoポイント

オムニ7
セブン&アイグループのショッピングサイト
ポイント2重取りで最大約2.5%分還元!

nanaco番号登録で100円(税抜き)ごとに1nanacoネットポイント
セブンイレブン店頭受け取り&セブンカードプラスでクレジット支払いで200円(税込)ごとに3nanacoポイント

西武・そごう
Ario
7net shopping

200円(税込)ごとに2nanacoポイント

VISA JCB加盟店

200円(税込)ごとに1nanacoポイント

公共料金などの支払い

200円(税込)ごとに1nanacoポイント

nanacoへのクレジットチャージ

 

クレジットチャージしたnanacoポイントで支払えば約1.5%分お得!

 

 

クレジットチャージで200円ごとに
1nanacoポイント
nanaco支払いで100円(税抜き)ごとに

1nanacoポイント

 

 

 

セブンカードプラスのデメリット

セブンカードプラスはセブン&アイグループ店舗以外ではポイント還元率が0.5%と並の条件のため、セブン&アイグループ店舗を利用しない人にとっては特別メリットは無いといえます。
さらに税金の支払いでnanacoポイントを還元される使い方にも関心がないとなると、年会費無料条件の年間利用額をクリア出来ない恐れがあり、このような方にとってはセブンカードプラスはデメリットだらけのクレジットカードと感じるかもしれません。

 

セブンカードプラスの年会費は有料です

セブンカードプラスの年会費は初年度は無料ですが2年目以降は本会員で500円(税込)、家族会員が1枚あたり200円(税込)かかります。
ただし、年間のクレジット支払い金額が本会員と家族会員合わせて5万円以上の場合は次年度も無料となります。
月の利用額が5千円程度の計算になるので実質的には無料と考えてもいいかと思います。

 

 

セブンカードプラスの審査は甘いの厳しいの?

個人事業主でも発行できました

セブンカードプラスの審査はVISAブランドの場合でもJCBが行っていますので、審査が甘いとは言い切れず、審査は若干厳しめかもしれません。

 

申し込み対象条件としては下記のように記載があります。

1. 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方
2. 18歳以上で学生の方(高校生除く)
※未成年または学生の方は、お申込みの際「親権者同意書」が必要です。

 

しかし個人事業主であるわたしでも所得証明書の提出も無く発行してもらえたのでプロパーカードほどの厳しさは無いと思われます。
ただしわたしはセブンカードプラスの申し込みの際はキャッシング枠は0円で申し込んだので審査がかなり緩くなっているはずです。
クレジットカードでもキャッシング枠が無いとダメという方には参考にならないでしょうが、ポイント還元による節約を目的としているならキャッシング枠は不要と考えてみてもいいのではないかと思います。

 

 

セブンカードプラスの評判

  • セブンカードプラスでnanacoにチャージしてポイントが付くように改善されたのは高評価ですね!
  • ちょい高なセブン-イレブンの買い物で1.5%のポイント還元はお得感が高い!
  • スーパーより割高なコンビニの買い物で少しでも節約したいならメリット大ですね。
  • 近所にイトーヨーカドーが無いのでメリットは無いと思っていたけどネットスーパーでもポイントが貯まるのは助かる!
  • イトーヨーカドーのハッピーデーはポイント還元と5%割引でかなりお得しちゃうので大好きです。
  • セブン&アイグループ以外の利用でのポイント還元は並なカードだけど、セブン-イレブンのヘビーユーザーの自分にとっては嬉しいクレカだな。
  • メインのクレカにするのは?だけど、ポイント目的ならとってもメリットあると思って使ってます。
  • nanacoポイントで使えるのはほぼ現金と同等と言えるので重宝してます。

 

 

以下のページから新規オンライン申し込みをするとnanacoポイントがもらえるお得なキャンペーンが適用されます。
セブンカードプラスのオンライン申込み窓口はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

セブンカードプラスの基本情報

年会費

セブンカード・プラスの年会費は初年度は無料です。
2年目以降の年会費は本人カードが500円(税込)/年、家族カードが200円(税込)/年になります。
ただし前年度のクレジットカードの利用額が5万円以上なら年会費は無料になります。

 

年間5万円以上利用しないと年会費が無料にならないのはデメリットといえるかもしれませんが、月額にすると約4,166円、日額だと約139円の利用でクリアできる金額ですので、年会費は実質的には無料と同等といえるのではないでしょうか。
逆にこの金額すら利用する見込みが無い方はセブンカード・プラスを申し込むべきではないと言えます。

 

 

支払日(締め日)

セブンカード・プラスの支払い日は毎月10日で、ご指定の支払い口座から自動振替されます。(土日祝日の場合は翌営業日が支払日となります)
締め日は毎月15日になっており、当月15日までの利用分が翌月10日に引き落とされます。

 

 

後リボ・後分割払いの締め日

セブンカード・プラスはショッピング利用後のリボ払いや分割払いへの変更が可能です。VISA、JCBカードともそれぞれのWEBサービスサイトで変更手続きができます。
支払い方法を変更する場合は引き落とし日の5営業日前(金融機関によっては6営業日前)の午後7:55分までにWEBサービスサイトで変更手続きを完了させなければなりません。
5営業日というと支払日が平日の場合は必ず週末を挟むので、日数でいうと最低でも7日前には変更しなければなりません。
支払額を調整しなければならない時は余裕をもって月末までに支払い変更登録をするように覚えておきましょう。

 

 

ポイント還元率

セブンカード・プラスを利用して貯まるポイントはnanacoポイントです。
セブン&アイグループ店舗でクレジット利用すると以下の還元率でnanacoポイントが貯まります。

セブンイレブン/イトーヨーカドー
ヨークマート/デニーズ

200円(税込)ごとに3nanacoポイント
還元率 1.5%

SEIBU/SOGO/Ario/7net 200円(税込)ごとに2nanacoポイント

還元率 1.0%

VISA・JCB加盟店 200円(税込)ごとに1nanacoポイント

還元率 0.5%

 

セブン&アイグループ以外でのポイント還元率は低いですが、セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズをよく利用する方にとってはお得感の高い高還元率クレジットカードといえます。

 

1ヶ月の利用総額で還元されるのでお得です!

セブンカードプラスのポイント還元は1ヶ月に利用した合計額に対して200円(税込)毎に3ポイントが付与されますから端数切り捨ても最低限で無駄がありません。
些細なことですが税込金額でポイントが算出されるのは良心的といるのではないでしょうか。

 

ブランド

セブンカード・プラスはJCBとVISAの2つのブランドから選ぶことができます。
どちらのブランドがいいかは人それぞれで、、、JCBは日本ブランドでVISAは国際ブランドなので海外でも買い物をする方はVISAの方が海外では便利かもしれません。一方で海外に行く機会もあまり無さそうな場合や既にVISAカードを所有している場合はJCBブランドでも構わないでしょう。
JCBもVISAもカードの利用状況の確認や支払い方法の変更はWEBサービスで対応していますので利便性での差はありません。

 

審査の厳しさは違うのか?

セブンカード・プラスの発行審査はVISAブランドもJCBが行っています。
そのため、「VISAとJCBのどちらかが審査が通りやすいとか厳しい」というようなブランドによる審査基準の違いは無い(はず)です。

 

 

カード種類

セブンカード・プラスには【nanaco一体型】と【nanaco紐付型】の2種類のタイプがあります。

 

nanaco一体型

nanaco一体型はクレジットカードとnanacoカードが1枚になっていて、カードを複数枚持ちたくない方におすすめです。
なお、nanaco一体型ではQUICPay(nanaco)が利用できませんので、継続利用したい場合はナナコ紐付けタイプをお選びください。

 

nanaco紐付型

nanaco紐付型は既に持っているnanacoカード(番号)をそのまま使いたい場合に、セブンカード・プラスとそのnanacoを紐付けて使えるタイプです。nanacoモバイルやシニアナナコを利用している場合には紐付け型の方がおすすめです。

 

追加カードサービス

セブンカードプラスには追加カードとして家族カードとETCスルーカードがあります。
どちらのカードもセブンカードプラス入会後に郵送申し込みと、JCB、VISAそれぞれのウェブサービスサイトから申し込みが可能です。

 

家族カード

家族カードは本会員カードと同じ機能とサービスが受けられますが、ポイントは本会員カードに貯まるのでご注意ください。
家族カードの年会費は初年度は無料で、2年目以降は200円/年かかりますが本会員カードとの年間の合計利用額が5万円以上で次年の年会費は無料となります。

 

ETCスルーカード

ETCスルーカードは高速道路や有料道路のETC出入り口を停止せずに通過できるICカードです。
ETCスルーカードの利用分にも200円(税込)毎に1nanacoポイントが貯まります。

 

入会条件・審査

セブンカードプラスの入会条件は下記のように一般的なクレジットカードと同様に18歳以上で安定した収入があることが入会条件となっています。。

本会員の入会条件
原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方18歳以上で学生の方(高校生除く)※未成年または学生の方は、お申込みの際「親権者同意書」が必要です。

 

家族会員の入会条件
本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)

 

 

以下のページから新規オンライン申し込みをするとnanacoポイントがもらえるお得なキャンペーンが適用されます。
セブンカードプラスのオンライン申込み窓口はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

page top